現在サイトリニューアル中につき画像が崩れる等お見苦しい点がございます。申し訳ございません。

相続税対策にはどんな方法があるかをまとめました!

「相続税がかかりそうだけど、何か対策はできるの?」

そんな人のために相続税対策にはどのようなものがあるかをまとめました。

目次

まずは財産リストをつくってみよう

「相続税がかかるかも?」となんとなく思ったけど何をしたらいいかわからないという人は、まずは財産リストを作ってみましょう。

自分の財産を見える化するだけで大きな一歩です。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
相続について何か始めたいと思ったら、まずは財産リストを作ってみよう 「相続についてそろそろ何か始めたいけど、何から手を付けていいのかわからない。」というのであれば、まずはお手持ちの財産のリストを作りましょう。 【手始めに財産リ...

相続税がかかるかどうかは、国税庁の「相続税の申告要否判定コーナー」で判定することができます。

 

相続税対策の一番簡単な方法は生前贈与をして相続財産を減らすこと

相続税対策として一番簡単なのは財産を贈与して相続財産を減らすことです。

生前贈与をする金額はいくらがいい?

比較的若い方であれば、毎年110万円までの非課税枠を使って数年にわたりコツコツと贈与していくのがいいでしょう。

贈与税の非課税枠や贈与税のキホンについてはこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
贈与税はいくらからかかるの?計算方法は?などの基本知識を解説します 個人からモノをもらった時は、「贈与税」という税金がかかります。 そう言われても、毎年かかる税金ではないので、いろいろとわからないことが多いですよね。 例えば・...

「あまり時間がないが今から相続税対策をしたい」というのであれば、贈与税がかかってでも110万円を超える贈与をして短期間で多く渡すほうが効果的かもしれません。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
高齢者の相続税対策 年間110万円を超える生前贈与の検討 相続税対策の生前贈与は年間110万円の贈与税がかからない範囲で行うのが一番おトク、とお考えかもしれません。 しかし、贈与税を払ってでも110万円を超えて生前贈与をし...

 

名義預金にならないよう正しく贈与しよう

贈与は「あげた・もらった」というお互いの認識が必要です。

亡くなった人の名義ではないが実質的には亡くなった人の財産であるという場合、名義が違えど亡くなった人の相続財産になります。

いわゆる名義預金にならないための正しい贈与のしかたをこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
家族名義の預金やへそくりに相続税がかかる?名義預金にならないよう気を付けるポイント 相続税は、亡くなった人の財産を相続した人に対し課されます。 しかし、例えば亡くなった人が子どもや孫の名義で口座を作って預金している場合など、亡くなった人の名義...

 

3年以内の生前贈与加算に注意

生前贈与には「亡くなる3年以内に相続人に贈与した財産は相続税の対象となる」という3年以内の生前贈与加算という制度があります。

あまり時間が残されていないのであれば、財産をもらう人を相続人となる子どもではなく、相続人にならない孫にすれば3年以内の生前贈与加算に引っかからないため確実に効果が出ます。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
亡くなる3年前までの贈与は相続税の対象になる!贈与するなら孫がおススメ 相続税対策として一番簡単な方法は、生前に財産を贈与することです。 しかし亡くなる3年前までの贈与はなかったこととされ、相続税が課されてしまいます。 生前贈与の3...

 

生命保険に入って相続税の非課税枠が使えるようにする

生命保険金を受け取った場合、

500万円×法定相続人の数

の非課税枠があります。

したがって現金で相続するよりも、非課税枠がある生命保険金を受け取る方が相続税が安くなります。

相続税の非課税枠がある保険契約の内容には決まりがあります。

こちらの記事で、生命保険金の相続税の非課税枠や生命保険の活用方法を解説しています。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
生命保険は相続対策との相性バツグン!遺産の分け方や相続税の節税に役立つ 保険にはいろんな種類がありますが、その中でも保険期間が一生涯続き、被保険者が何歳で亡くなっても保険金がおりる終身保険は相続対策として効果バツグンです。 相続に...

また、相続税のことを考えた場合、受取人を誰にするかは重要な問題になるのでじっくり検討しましょう。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
相続税のことを考えるなら、生命保険金の受取人は配偶者よりも子どもにするのがおススメ 生命保険金の受取人は配偶者になっていることが多い印象があります。 しかし相続税がかかりそうな人は、子どもを受取人にすることを検討してみてはいかがでしょうか。 ...

 

親と一緒に住んで小規模宅地等の特例を受けられるようにする

親の自宅を相続した人が同居していた子どもである場合、一定の要件を満たせば小規模宅地等の特例を受けることができます。

小規模宅地等の特例とは、親の自宅の土地の相続税評価額を330㎡まで80%オフにするという大変太っ腹な特例です。

もし状況が許すようであれば、親と同居をして小規模宅地等の特例を受けられるようにするのはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
あわせて読みたい
自宅の敷地の評価額を80%下げる「小規模宅地等の特例」 相続税を計算する際、宅地の評価額を劇的に下げる「小規模宅地等の特例」という特例があります。 この特例は、 店舗の敷地など、事業用として使っていた宅地 自宅の敷地...
あわせて読みたい
あわせて読みたい
相続税を減らしたければ親の持ち家に同居するのが一番!二世帯住宅の小規模宅地等の特例 相続税を減らしたければ、親の持ち家に同居するのが一番効果的です。 なぜなら、親が亡くなった場合、同居していれば「小規模宅地等の特例」が使え、自宅の敷地の相続税...

 

小規模宅地等の特例を使って相続税がゼロになることもよくあります。

ただしその場合でも相続税の申告は必要になりますので気を付けましょう。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
「配偶者の税額軽減」や「小規模宅地等の特例」を使って相続税ゼロ・・・でも申告は必要だよ! 相続税の計算においてはいくつかの特例があり、その特例を使った結果相続税額がゼロになるケースがあります。 しかし、 配偶者の税額軽減 小規模宅地等の特例 の適用を...

 

使っていない土地の上にアパートなどを建てる

使っていない土地や駐車場として使っている土地の上にアパートなど人に貸すための建物を建てれば、

  • 建築費としてお金が出ていくor金融機関から借り入れるため相続財産を減らすことができる。
  • 建てたアパートは、貸家評価になるため相続税評価額が下がる。
  • アパートの敷地は、貸家建付地評価になるため相続税評価額が下がる。
  • アパートの敷地に小規模宅地等の特例を使えれば、相続税評価額が200㎡まで50%オフ。


という効果が生じ、相続税を大きく減らすことができます。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
貸家建付地と貸家の相続税評価額。アパートを建てるとなぜ相続税が下がるのか。 アパートなど人に貸している不動産は、自用の不動産より相続税評価額が下がります。 【人に貸している不動産はなぜ相続税評価額が下がるのか】 不動産の相続税評価額は...
あわせて読みたい
あわせて読みたい
アパートや駐車場は相続税評価額が50%減!貸付事業用宅地等に係る小規模宅地等の特例とは アパートの敷地や駐車場など人に貸している土地については、一定の要件を満たすと相続税評価額が50%減額になります。 【貸付事業用宅地等に係る小規模宅地等の特例とは...

 

しかしアパート経営は思っている以上に大変であり、相続税が減るからといって安易に建てることはおススメしません。

  • 空室リスクを避けるため、アパートを建てる場所が継続的に入居者を見込めるところか。
  • 10年に1度くらいのペースで大規模修繕が発生するのでそのお金をどう工面するか。

などを考慮する必要があります。

建てる前のシミュレーションで、お金がしっかり回るかよく検討しましょう。

 

生前にお墓を建てる

今お墓がないならば、生前のうちに建てておけば相続税を減らすことができます。

お墓を購入すれば、お金が出ていくので相続財産が減ります。

そしてお墓は相続税が非課税であるため、相続しても相続税の対象になりません。

逆に亡くなってからお墓を建てた場合、相続税の計算上、葬式費用や未払金として差し引くことはできません。

できればお墓は生前に建てましょう。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千代田区麹町の税理士。相続税申告、フリーランスや小規模な会社のサポート、執筆などの活動をしています。福島県会津生まれ東京都育ち。       
         ★お願い★
当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。

目次
閉じる