現在サイトリニューアル中につき画像が崩れる等お見苦しい点がございます。申し訳ございません。

相続税・贈与税の申告

相続税・贈与税の申告
目次

相続税の申告

相続税は、亡くなられてから10ヶ月以内という短い期間で申告書を税務署に提出し、税金を納めなければなりません。

残されたご家族は、悲しみに暮れる間もなくいろいろと慣れないお手続きをし、この期間内に財産をどう分けるかを決める必要があります。

人ひとりが亡くなることは、思った以上に大変です。

限られた時間の中でこれらのお手続きを滞りなく行うためのお手伝いをいたします。

こんなお困りごとはありませんか?

相続のお手続きに慣れている人はほとんどいらっしゃらないでしょう。

また税理士に申告をお願いしたくても、今まで税理士とお付き合いがなく「税理士ってどんな人なの?」と不安を感じられるかもしれません。

よくあるお困りごととして、次のようなものがあります。

お困りごとの一例
  • 家族が亡くなったけど、何から手を付けていいかわからない。
  • うちは相続税がかかるのか知りたい。
  • 相続税がかかると思うので、税理士に申告をお願いしたい。
  • 遺産はどうやって分けたらいいの?
  • 税務署から「相続税のお尋ね」という手紙が来たけど、どうしたらいいのだろう・・・
  • 「男性の税理士だと威圧感を感じる」「相続人は母を筆頭に女性が多い」などの理由から、できれば女性の税理士にお願いしたい。

相続のお困りごとを少しでも取り除けるよう、サポートさせていただきます。

慣れない相続の話、1度聞いただけでは理解しづらいと思います。「前も聞いた気がするから・・・」と遠慮せず何度でも聞いてください。

弊所はこんな事務所です

  • 担当は税理士である私自身です。
  • わかりづらい税金の話を図や表などを使い、できるだけわかりやすい説明をこころがけています。
  • 女性の相続人は、同性の税理士に威圧感を感じず安心してご相談いただけます。
  • 相続専門の会計事務所などで多数の相続案件に携わった経験があります。
  • 二次相続(夫婦のうち例えば夫が先に亡くなった場合、夫の相続を一次相続、妻の相続を二次相続といいます)を踏まえた相続税のシミュレーションをし、財産をどう分けるかのご判断のお手伝いをいたします。
  • メリット・デメリットが生じるときは丁寧にご説明し、ご判断のお手伝いをいたします。
  • 生前のうちに相続税がどのくらいかかりそうかの試算も対応いたします。

報酬について

相続税申告報酬(消費税込)

相続税申告書の作成・税務相談・税務代理・相続財産の調査・二次相続を踏まえた遺産分割のお手伝い

相続税申告報酬

遺産総額×0.6%×1.1(最低33万円)

  • 遺産総額とは、プラスの財産の総額です。土地などの補正前、小規模宅地等の特例など各種特例適用前、生命保険金等の非課税枠等の控除前、債務・葬式費用の控除前の金額をいいます。
  • 相続人が2人以上の場合には、おひとり様につき55,000円を加算させていただきます。
  • ご依頼を承った場合には、契約締結の際に着手金として10万円を申し受けいたします。
  • 土地が3利用区分以上ある場合、1利用区分につき55,000円を加算させていただきます。
  • 財産評価等の業務が著しく複雑なときは、別途お見積りの上加算させていただきます。
  • 謄本等の書類の取得につきましては、実費負担をお願いいたします。
報酬の例

相続人3人、遺産総額7,000万円、土地はご自宅の敷地のみであれば・・・

7,000万円×0.6%×1.1+55,000円×2人=572,000円 が報酬額になります。

※相続人加算:3人-1人=2人

※土地加算:2利用区分以下であるためなし

その他加算報酬の目安(消費税込)

項目金額
非上場株式の評価1社につき165,000円~
所得税準確定申告別途お見積り
ご依頼日が申告期限より3ヶ月以内の場合報酬総額の30%を加算
不動産鑑定が必要となる場合不動産鑑定士によるお見積り
相続登記司法書士によるお見積り
物納・延納別途お見積り
税務調査立会日当55,000円

贈与税の申告

1年間にもらった財産の合計が110万円を超える場合には、贈与税の申告をする必要があります。

相続税対策には、生前贈与が欠かせません。

しかし「その贈与が成立しているか」が、よく税務調査で問題になります。

贈与をしたのであれば、その実態をきちんと証明できるよう手続きを踏むことが大切です。

報酬について

申告報酬の目安(消費税込)

項目金額
金銭の贈与による贈与税の申告(特例の適用がない場合)22,000円
土地の評価1利用区分につき55,000円~
非上場株式の評価1社につき165,000円~
贈与税の配偶者特別控除、住宅取得等資金贈与の非課税の適用がある場合44,000円
相続時精算課税制度の手続き(初年度)33,000円
  • 評価等が複雑な場合、特殊な対応が必要な場合には、別途加算させて頂きます。その場合には、事前にお見積りをさせていただきます。
  • 謄本等の書類の取得につきましては、実費負担をお願いいたします。

お引き受けできないケース

申し訳ございませんが、下記のようなケースはお引き受けいたしかねます。何卒ご了承ください。

お引き受けできないケース
  • いつでも電話で連絡を取りたい方(日頃はメールで承ります。電話は緊急時のみお願いしています。ただしご高齢でパソコンやスマホを使うのが難しいなどの場合には電話でも対応いたします。)
  • 即レス(すぐの折り返し)を希望される方。ご連絡をいただいた場合、遅くとも1営業日以内には何らかの返信をいたしますが、即レスは目指していません。
  • 脱税志向の方
  • 資料の提出や連絡が申告期限ギリギリになる方
  • 海外に財産がある方(申し訳ございませんが、国際相続は取り扱いができません)
  • とにかく値引きしてほしい方
  • その他、お引き受けいたしかねると判断した場合

お申し込み方法

STEP
お問い合わせ

下記の「ご依頼・お問い合わせはこちらから」をクリックしていただきお申し込みをお願いいたします。

STEP
折り返しのご連絡

原則として1営業日以内にメールを差し上げます。面談の日程、お時間をご相談させていただきます。

STEP
面談の実施

家族構成や財産の状況など詳しいお話をお聞かせください。

STEP
【相続税申告】ご契約及び着手金のお振込み

正式にご依頼される場合、業務委託契約を締結いたします。

着手金10万円のお振込みをお願いいたします。

STEP
相続税申告・贈与税申告の着手
目次
閉じる