現在サイトリニューアル中につき画像が崩れる等お見苦しい点がございます。申し訳ございません。

「連年贈与」「111万円の贈与」「現金贈与」贈与にまつわる3つの噂を検証

生前贈与は一番手軽にできる相続税対策です。

そのため、贈与についてはいろんな噂が流れています。

よく聞く噂3つを検証します。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
贈与税はいくらからかかるの?計算方法は?などの基本知識を解説します 個人からモノをもらった時は、「贈与税」という税金がかかります。 そう言われても、毎年かかる税金ではないので、いろいろとわからないことが多いですよね。 例えば・...
目次

毎年同じ時期、同じ金額の贈与は危険?

毎年同じ時期、同じ金額で贈与するのはよくないって聞いたけど。
問題ありません。毎回きちんと贈与契約書を作りましょう。

毎年同じ時期、同じ金額の贈与はよくないとの噂があります。

例えば、毎年誕生日に100万円もらい、それが10年間続いたとしたら、税務署は100万円×10年間=1000万円の贈与があったとして贈与税を課すのではないか、ということです。

確かに「1000万円を毎年100万円に分割して10年間贈与する」という贈与契約であれば、それは最初から1000万円をあげるつもりであるため、1000万円に対して贈与税が課されます(これを「連年贈与」といいます)。

しかし、仮に去年と今年に同じ時期、同じ金額を贈与したとしても、来年も必ず同じ内容の贈与があるとは限りませんよね。

したがって、毎年同じ時期、同じ金額の贈与であっても、その年に贈与があった金額に対して課税されます(年間110万円以下の贈与であれば非課税)。

上の例であれば、毎年同じ時期に100万円もらっているため、年間110万円以下の贈与となり贈与税はかかりません。

贈与のたびに毎回贈与契約書を作っておきましょう。

年間111万円の贈与で贈与税の申告をし、贈与税を1000円払えば贈与は成立?

111万円の贈与をして、贈与税の申告書を提出して贈与税1000円払えば贈与があった証拠になるでしょ?
いいえ。申告して納税したからといって贈与があった証拠になるわけではありません。

相続財産を減らすため、毎年コツコツと生前贈与をしている人も多いでしょう。

しかしせっかく相続税対策として生前贈与をしても、その贈与が正しく成立していなければ名義預金などの問題が発生し、贈与したつもりの財産が相続財産にされてしまいます。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
家族名義の預金やへそくりに相続税がかかる?名義預金にならないよう気を付けるポイント 相続税は、亡くなった人の財産を相続した人に対し課されます。 しかし、例えば亡くなった人が子どもや孫の名義で口座を作って預金している場合など、亡くなった人の名義...

そこで出てくる噂が、年間110万円の非課税枠に1万円だけ上乗せした111万円の贈与をして贈与税の申告書を提出し、1000円の贈与税を納付しておけば贈与があった証拠になる、というものです。

でも、贈与税の申告って誰でもできますよね。

例えば、おじいちゃんが孫の名義で口座を作って毎年111万円振り込み、おじいちゃんが孫の名前で贈与税の申告書を作って納税することだってできます。

したがって贈与税の申告・納税が国のお墨付きになるわけではなく、あくまで実態が問われるのです。

現金で贈与すればバレない?

振込だと通帳に名前が印字されるでしょ。だったら現金であげればバレないんじゃない?
そんなことはありません。おかしなお金の動きがあれば聞かれますよ。

現金の贈与なら証拠がないからバレないという噂があります。

しかし、こんなタイミングでバレることがあります。

相続税の調査時

相続税の調査が入ると、亡くなった人や相続人の口座が調べられます。

現金を引き出してから誰かにあげた場合、通帳には名前が記帳されませんが、多額の引き出しや少額の引き出しが短期間に何度もあるといった不自然なお金の流れがあれば税務署は使途を聞いてきます。

もらった人が不動産を買った時

不動産を買うと、税務署から「お尋ね」という手紙が来ることがあります。

これは、購入資金をどうやって手に入れたのかを聞くためです。

もらった人の年収に不釣り合いな不動産の購入があれば、親などから贈与があったのかも?と疑われます。

タンス預金の贈与はバレない?

確かにタンス預金を贈与したのであれば、証拠が残りません。

しかしタンス預金の資金源が預金や株などであれば解約した時の履歴が残るため、あるはずのお金がなければ当然調べられるでしょう。

またもらった人が銀行に預けた場合、受け取った証拠が残るため後で贈与税が課される可能性があります。

あわせて読みたい
あわせて読みたい
この贈与は税務署にばれる?どんなタイミングでばれるかをお答えいたします 年間110万円を超える贈与を受ければ、贈与税の申告をして贈与税を払わなければなりません。 しかし親子間の贈与は、贈与税の申告をせずに気軽にしてしまうことが多いよ...

まとめ

  • 毎年同じ時期、同じ金額の贈与であってもその年に贈与された金額に対してのみ贈与税が課される。
  • 111万円の贈与で申告・納税したとしても贈与があったと認められるわけではない。
  • 現金贈与であってもバレる可能性大。

贈与は手軽にできる分、都市伝説のような噂が飛び交っています。

鵜呑みにしてしまうと後で痛い目にあうかもしれません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千代田区麹町の税理士。相続税申告、フリーランスや小規模な会社のサポート、執筆などの活動をしています。福島県会津生まれ東京都育ち。       
         ★お願い★
当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。

目次
閉じる