営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

相続で配偶者はたくさん財産を引き継ぐべき?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

相続税の配偶者の税額軽減とは、配偶者になるべく相続税がかからないよう配慮した特例です。

しかし、この特例をめいっぱい使わない方がかえって相続税の負担が少なくなる場合があります。

相続税の配偶者の税額軽減とは

相続税の配偶者の税額軽減とは、被相続人の配偶者が相続により取得した財産が、次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかからないという制度です。

① 1億6,000万円
② 配偶者の法定相続分

配偶者の法定相続分とは?についてはこちらのページへ。

残された配偶者に多額の相続税がかかったとしたら、その配偶者の今後の生活が成り立たなくなることから、配偶者の相続税はできるだけ少なくしてあげましょうという配慮のための制度です。

被相続人の配偶者が財産を多く相続すれば、今回の相続における相続税は安くなります。

しかし数年後、今回配偶者の税額軽減の適用を受けた配偶者が死亡したときを考えると、今回の相続で配偶者の税額軽減の適用を限度額めいっぱい受けることが必ずしもいいとは限りません。

 

一次相続と二次相続の相続税の違い

夫婦と子供2人の4人家族を例にあげます。

先に旦那さんが亡くなったのを「一次相続」、数年後奥さんが亡くなったのを「二次相続」といいます。

遺産(相続財産ー債務・葬式費用の金額、基礎控除前)を1億円としたとき、一次相続と二次相続でどれだけ相続税が違うかを見てみましょう。

・ 相続人が配偶者と子の場合【一次相続】

 

・ 相続人が子のみである場合【二次相続】

同じ遺産1億円に対し、一次相続の相続税は315万円、二次相続の相続税は770万円と倍以上の開きがあります

この理由は、次の2つになります。

① 一次相続では配偶者の税額軽減の適用があるが、二次相続では配偶者がいないため適用がありません

② 一次相続の法定相続人は3人であるため基礎控除額4,800万円を遺産から差し引くことができますが、二次相続の法定相続人は2人になるため遺産から差し引くことができる基礎控除額は4,200万円に減ります。

したがって、二次相続の子供の相続税負担は大変重いものとなります。

 

一次相続で配偶者があまり財産を引き継がない方がいいケース

次に旦那さんが1億円、奥さんが5,000万円財産をお持ちで、子供が2人いる場合に、旦那さんが先に亡くなり(一次相続)、数年後に奥さんが亡くなる(二次相続)ケースを見ていきましょう。

  ① 一次相続で奥さんが1/2(5,000万円)相続した場合 ② 一次相続で奥さんが30%(3,000万円)相続した場合
一次相続の相続税 315万円 441万円
二次相続の相続税 770万円 470万円
相続税合計 1,085万円 911万円

 

一次相続と二次相続の相続税合計は、①に比べ、②は174万円少なくなっています。

一次相続では配偶者の税額軽減の適用があるため、奥さんが多く財産を引き継いだ①のほうが相続税が安くなっています。

しかし、二次相続で子供が相続する財産は、

①の場合は奥さんが旦那さんから相続した財産5,000万円+奥さん固有の財産5,000万円=1億円

②の場合は奥さんが旦那さんから相続した財産3,000万円+奥さん固有の財産5,000万円=8,000万円

となり、相続税の負担が重くなる二次相続において②のほうが子供が相続する財産が少ないため、結果として相続税合計が少なくなります。

このように、奥さんがもともと財産をいっぱいお持ちの場合に一次相続で旦那さんからいっぱい財産を引き継ぐと、一次相続では配偶者の税額軽減の適用があるため相続税は多額になりませんが、二次相続の時に多額の相続税が発生し、結果として一次相続と二次相続の相続税のトータルが多額になることがあります。

まとめ

二次相続における相続税負担まで考えた場合、一次相続で配偶者が配偶者の税額軽減の限度額めいっぱい財産を引き継ぐより、例えば配偶者が3割くらいで残りは子供に直接相続させた方が相続税の合計が少なくなることがあります。

ぜひ一次相続と二次相続のトータルで相続税を試算した上で、一次相続で配偶者がどれだけ相続するかを検討することをお勧めいたします

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.