営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

相続人は誰がなるの?法定相続分や遺留分とは何かを解説します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

財産を相続する権利がある「相続人」には誰がなれるのでしょうか?

また、相続人は相続で財産をどれだけもらう権利があるのでしょうか?

被相続人と相続人

被相続人とはお亡くなりになった人、相続人とは被相続人がお持ちの財産や権利を承継できる人のことをいいます。

 

誰が相続人になるの?

誰が相続人になるのかは民法に規定されています。

① 配偶者は常に相続人

被相続人に配偶者がいる場合、配偶者は必ず相続人になります

相続人が配偶者のみである場合、配偶者は被相続人の財産をすべて相続することになります。

配偶者のほかに次に説明する相続人がいる場合は、配偶者とその順位の高い相続人との間で財産を相続することになります

 

② 配偶者以外の相続人の順位

配偶者以外の相続人は次の順位により決まります。

第1順位 子

被相続人に子がいる場合は、子が相続人になります。

もし子が先に死亡していて孫がいる場合は、孫が相続人になります。

下の世代の人が相続する権利を引き継ぐことを代襲相続といいます。

第2順位 父母(直系尊属)

被相続人に第1順位の相続人がいない場合、第2順位の父母が相続人になります。

父母がいないが祖父母がいる場合は祖父母が相続人になります。

第3順位 兄弟姉妹

被相続人に第1順位、第2順位の相続人がいない場合、第3順位の兄弟姉妹が相続人になります。

もし兄弟姉妹が先に死亡していてその子(甥や姪)がいる場合は、甥や姪が相続人になります。

こちらも代襲相続です。

甥や姪も先に死亡している場合、甥や姪の子は代襲相続できません。

 

各相続人の分け前はどうするの

法定相続分とは、民法で規定する各相続人の分け前です。

相続人 法定相続分
配偶者のみ すべて配偶者
配偶者と子(第1順位) 配偶者1/2 子1/2
配偶者と父母(第2順位) 配偶者2/3 父母1/3
配偶者と兄弟姉妹(第3順位) 配偶者3/4 兄弟姉妹1/4

 

同じ順位の相続人が複数いる場合は、それぞれの法定相続分を人数で均等に按分します。

例えば子が3人いる場合の1人あたりの法定相続分は、1/2×1/3=1/6となります。

 

相続人以外の人に財産を残すにはどうしたらいい?

相続人以外の人に財産を残したいときは、生前に遺言書を作成し、相続人以外の人に財産を残す旨を記載しなければなりません。

 

遺留分とは

遺言書には、例えば「全財産を愛人に残す」と書いても有効です。

しかしそれでは被相続人に配偶者と子がいる場合、残された配偶者と子の生活が成り立ちません。

そこで、民法で相続人が最低限相続できる割合を規定したものを遺留分といいます。

遺言により遺留分より少ない財産しか相続できなかった配偶者と子は、愛人に対し遺留分を請求することができます。

やり方は、内容証明郵便などで遺留分を請求する意思を伝えることで効力が生じます。

※こちらは弁護士の仕事の範疇となりますので、詳しくは弁護士にご相談ください。

遺留分の割合は次の通りです。

相続人 遺留分
配偶者 法定相続分の1/2
法定相続分の1/2
父母 法定相続分の1/2(相続人が父母のみである場合は1/3)
兄弟姉妹 遺留分なし

 

兄弟姉妹には遺留分はありません

したがって、例えば相続人が配偶者と兄弟姉妹であり配偶者にすべて相続させたいと考える場合、「すべての財産を配偶者に残す」旨の遺言書を作れば、すべての財産は配偶者が相続し、兄弟姉妹は1円も相続できないことになります。

 

次の人は相続人になれるの?

① 内縁関係のものや離婚した配偶者

相続人となる配偶者は戸籍上入籍していることが必要になりますので、これらの方は相続人になりません。

もし死後財産を渡したい場合は生前に遺言書を作成してその旨を記載することが必要になります。

 

② 離婚した配偶者との子供

離婚した配偶者との子供は、実子(血のつながりがある)であれば、相続人になります。

 

③ 配偶者の連れ子

配偶者の連れ子は相続人にはなりません。

ただし、その連れ子と養子縁組をすれば相続人になります。

 

④ 養子

養子は子と同様の扱いになりますので、第1順位の相続人になります。

 

⑤ 胎児

お腹の赤ちゃんは相続についてはすでに生まれたものとみなされるため、第1順位の相続人になります。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.