現在サイトリニューアル中につき画像が崩れる等お見苦しい点がございます。申し訳ございません。

ひとりになったらほとんどスーツもヒールも身につけなくなった話

ここしばらく、スーツも着ていないし、ヒールも履いていません。

目次

スーツを着てヒールを履くと疲れが倍増する気がする

会計事務所の女性はラフな服装の人が多い

「会計事務所」と聞くと、堅苦しそうというイメージはありませんか?

しかし、会計事務所に勤める女性は意外とラフな服装の人が多いです。

事務所内でスーツを着ている人はあまりいない気がします。

他業種から転職した人から、会計事務所に勤める女性の服装のカジュアルさに驚かれることもあります。

スーツとヒールで疲れ倍増

とは言ってもお客様に会う時は必ずスーツにヒールでした。

スーツやヒールは動きづらく、何だか行動を制限されているようでストレスが溜まります。

もともと人と会うと緊張するタイプなのに、スーツとヒールで更に緊張度がアップしているような気がします。

今や服装のルールを決めるのは自分

ひとりとなった今、服装のルールを決めるのは自分です。

というわけで、スーツもヒールもほとんど着なくなりました。

失礼がないように、という場面ではジャケットを着ます。

靴はよほどのことがなければグレーのスニーカーです。

かなりひどい腰痛持ちで、不安定なヒールで歩くのが恐いからです。

「税理士」と聞くと、堅苦しくて何となく相手に緊張させてしまうこともあるようなので、スーツを着ないことで親しみを感じる方もいらっしゃいます。

 

最近は、女性の通勤スタイルはジャケット+スニーカーがとても多くなりました。

(男性もスーツ+革靴は大変だろうから減ればいいのに・・・と思います。)

最低限のTPOをわきまえ、失礼のない程度にラフな格好で仕事をしていきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千代田区麹町の税理士。相続税申告、フリーランスや小規模な会社のサポート、執筆などの活動をしています。福島県会津生まれ東京都育ち。       
         ★お願い★
当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。

目次
閉じる