ご依頼・お問い合わせはこちらから

投稿記事が多くなってからのWordPressテーマ変更はハードルが高い

WordPressはボタン1つでテーマ変更し、デザインが変えられるのがいいところです。

しかし、投稿記事がある程度多くなってから安易にテーマ変更をすると、大変なことになります。

私のテーマ変更の履歴

私はWordPressのテーマ変更を2度行っています。

Lightning(無料)→ELEPHANT3(有料)→SANGO(有料、現在)

前のELEPHANT3というテーマは色や文字がきつく、私の好みではありませんでした。

そこで、

  • 色やデザインがやわらか。
  • 使い方がサイトで細かく説明されている。
  • 使っている人が多いテーマであり、わからないことはググればたいてい解決する。

という理由で、今のSANGOにテーマ変更することにしました。

テーマ変更のメリット

デザインが変わる

テーマ変更の一番のメリットは、何といってもデザインが変わることです。

すっきり見やすくなり、また見た目にやわらかさが出て、ホームページに愛着がわきました。

独自機能が使える

多くのテーマには独自機能が使えます。

例えばSANGOであれば、おしゃれなボックススタイルがいくつも備わっています。

あああ

あああ

こんなボックスもボタン一つですぐ挿入することができます。

おかげでブログ作成も楽しくなりました。

テーマ変更のデメリット

移行作業が大変

テーマ変更のデメリットは、何といっても移行作業が大変なことです。

今まで施していたデザインが一気に崩れるからです。

 

テーマ変更により、見出し(h2、h3)などのスタイルや、蛍光ペン機能がすべて消えてしまったり。。。

こういう吹き出しもすべて消えてしまったり。。。

今までのボックスもすべて消えてしまったり。。。

とにかく見た目がめちゃくちゃになり、これをすべて直す作業が待っています。

私はSANGOに移行する際80記事ほど投稿し、固定ページも10ページくらいありました。

80記事全部直す気にもならないし、かと言ってせっかくかいた記事を削除するのももったいないし。。。

と悩んでしまった挙句、1年以上放置し、ずっとメンテナンスモードにしていました。

結局、18記事を残しあとは削除することに。

ブログ記事がある程度たまってからのテーマ変更は、かなり大変です。

今までのプラグインが使えなくなることもある

今まで使っていたプラグインが、テーマとの相性が悪く使えないこともあります。

私の場合、SANGOのサイトに相性の悪いプラグインが記載されていたので、それを参考に入れ替えていきました。

まとめ

サイトを運営していると、だんだん自分の好みがわかり、他のサイトのデザインが良く見えてくることもあるでしょう。

WordPressのテーマ変更はボタン1つ簡単にできますが、その後の作業が大変です。

ハッキリ言ってめんどくさいです。

特にサイトの運営が長い人はテーマ変更のハードルが高く、相当の覚悟が必要になります。