営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

青色控除65万円を受けている方は電子申告すれば減税になります【平成30年度税制改正】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

12月14日に平成30年度税制改正大綱が自民党より出されました。

フリーランスの所得税・住民税の減税につきご紹介いたします。

いずれも平成32年分の所得税及び平成33年度分の住民税からの適用になります。

基礎控除額が10万円アップ

誰でも引くことができる基礎控除額が

所得税:現行38万円→48万円

住民税:現行33万円→43万円

それぞれ10万円アップしました。

ただし、所得金額が2,400万円を超えると基礎控除額が段階的に減り、2,500万円を超えると基礎控除額はゼロになります。

 

青色申告控除額65万円を受けている方

【現行】現行の65万円控除の概要

青色申告をしている場合、利益から10万円の青色申告控除額を引くことができます。

ただし、

① 複式簿記による帳簿をつけている(会計ソフトで一つ一つの取引の仕訳を入力している)

② 所得税申告書に貸借対照表をつけて提出している

③ 不動産所得の場合、貸家であれば5棟以上、アパートやマンションであれば10室以上貸している場合

には、利益から65万円の青色申告控除額を引くことができます。

 

【改正】電子申告しない場合は55万円控除→トータルでは現行の控除額と変更なし

上記の①~③の要件を満たしている場合、現行では65万円控除であったものが平成32年分からは55万円控除になります。

基礎控除額が10万円アップし、青色申告控除額が10万円ダウンするため、トータルの控除額は現行と変更ありません。

 

【改正】電子申告する場合は65万円控除→トータルでは現行より控除額が10万円アップ

しかし、確定申告書を紙で提出ではなく提出期限までに電子申告により提出する場合には、平成32年分からの青色申告控除額は65万円のままです。

つまり、基礎控除額が10万円アップし、青色申告控除額が現状維持であるため、トータルの控除額は10万円アップになります。

 

控除額が10万円増えた場合、実際にどのくらいの減税になるかの概算を見てみましょう。

【前提】

・「利益」とは売上高ー必要経費であり、青色申告控除額を差し引く前の金額

・利益から青色申告控除額、国民健康保険料(39歳以下、東京23区、加入者1人)、国民年金保険料、基礎控除額を控除して税額を計算

・所得税と住民税の合計でどれだけ減税になるかを計算

利益 減税額
200万円 15,000円
300万円 15,000円
500万円 20,000円

電子申告を行うためには、

・ICカードリーダライター

・マイナンバーカード

が必要になります。

 

会計事務所へ申告書の作成をお願いされている方は、電子申告に対応しているか確認してみてはいかがでしょう。

(まだ電子申告に対応せず紙で提出している事務所は結構多いです。)

 

電子申告を行わなくても仕訳帳及び総勘定元帳の電子保存を行っている場合には青色申告控除額65万円を受けることができますが、

・申請書の提出

・対応している会計ソフトへの変更

などの手続きが必要になるため、それなりにハードルが高いです。

 

青色申告控除額10万円を受けている方は減税

青色申告をしているが65万円控除の要件を満たしていないため青色申告控除額10万円を受けている方については、青色申告控除額は電子申告の有無にかかわらず10万円控除のまま変更ありません。

基礎控除額が10万円アップし、青色申告控除額が現状維持であるため、トータルの控除額は10万円アップになります。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
 

★編集後記★
久しぶりに士業交流会に行き、大阪の社労士さんとお話しする機会がありました。

東京の交流会と大阪の交流会はいろいろ違うらしく、

  東京 大阪
出された軽食 なくなるのが遅い 速攻なくなる
軽食の内容 お菓子が出る たこ焼きが出る
自己紹介 ない時が多い 必ずあり、オチを入れなければならない
雰囲気 談笑している 騒がしい

ということです(あくまでその社労士さんから聞いた話です)。

大阪の交流会に出てみたくなりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.