営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

平成30年分の扶養控除等申告書の様式が変わりました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

早いものでもう年末調整の時期になりました。

平成29年度の税制改正を受け、今年の年末調整で勤め先から配られる「平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の様式に変更がありますのでご紹介いたします。

控除対象配偶者が「源泉控除対象配偶者」へ変更されました

配偶者控除の適用を受けるときに配偶者の情報を記載する欄について、平成29年分までは控除対象配偶者となっていたものが、平成30年分からは「源泉控除対象配偶者」に変更されました。

何が変わったのでしょうか?

 

① 平成29年分までは

配偶者の所得の見積額が38万円以下(給与収入に換算すると103万円以下)であれば配偶者の情報を「控除対象配偶者」欄に記載しました。
本人の所得の見積額は関係ありません。

 

② 平成30年分以降は

本人の所得の見積額が900万円以下(給与収入に換算すると1,120万円以下)

配偶者の所得の見積額が85万円以下(給与収入に換算すると150万円以下)

この2つに当てはまれば配偶者の情報を「源泉控除対象配偶者」欄に記載します。

要するに、配偶者控除または配偶者特別控除で38万円の所得控除を受けることができる場合に記載するようになりました。

国税庁HPより 赤枠部分が「源泉控除対象配偶者」欄へ記載できる配偶者

平成30年からの配偶者控除と配偶者特別控除の取り扱いの記事はこちら↓

 

源泉控除対象配偶者以外で配偶者控除または配偶者特別控除を受けられる人

平成30年以降、源泉控除対象配偶者以外でも、

① 本人の所得が900万円超1,000万円以下(給与収入に換算すると1,120万円超1,220万円以下)であり、かつ配偶者の所得が38万円以下(給与収入に換算すると103万円以下)であれば配偶者控除を受けることができます。

② 本人の所得が1,000万円以下(給与収入に換算すると1,220万円以下)であり、かつ配偶者の所得が85万円超123万円以下(給与収入に換算すると150万円超201万6千円未満)であれば配偶者特別控除を受けることができます。

上記に当てはまる方の控除額は38万円よりも低い金額になります。

では、源泉控除対象配偶者以外で配偶者控除または配偶者特別控除を受ける場合、配偶者の情報はどこに記載するのでしょうか?

答えは、「平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」という新しい書類になります。
(未定稿版 平成29年12月ごろ確定版掲載予定)


ただし、こちらの書類は平成29年の年末調整においては使用できません。

 

平成29年の年末調整で提出する書類

平成29年の年末調整で提出する書類は、

① 平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

② 平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

になります。

 

なぜ2つの書類の年分が違うのかにつきましては、

①の書類は平成30年の最初の給与の支払いを受ける日の前日までに、給与等の支払者に提出する。平成30年分の見積額を記載。

②の書類は平成29年の最後の給与の支払いを受ける日の前日までに、給与等の支払者に提出する。平成29年分の実額を記載。

であるため、提出期限が違うことが理由です。

ややこしいですね。

 

「平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」に記載するのは、本人の所得が1,000万円以下(給与収入に換算すると1,220万円以下)であり、かつ配偶者の所得が38万円超76万円未満(給与収入に換算すると103万円超141万円未満)である配偶者の情報になります。

平成29年の年末調整においては、源泉控除対象配偶者以外で配偶者控除または配偶者特別控除を受けることができるが平成29年分の給与所得者の配偶者特別控除申告書に記載できない配偶者については何も記載しない、ということになります。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
 
 

★編集後記★

赤坂の特別養護老人ホームの敷地内にある勝海舟・坂本龍馬の師弟像です。

二人は赤坂で出会い、この地は勝海舟が亡くなるまで住んでいた屋敷跡ということです。

アポイントまで時間があったのでぶらぶらしていたら偶然見つけました。

ちなみに赤坂は社長が住む街No.1です。

この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.