営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

引っ越した時の確定申告書はどこに提出するの?住民税はどうなる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

平成29年分の所得税確定申告書の提出期限は、平成30年2月16日~3月15日になります。

では平成30年1月に引越しをした場合の申告書の提出先は、元の住所と引っ越した先の住所のどちらを管轄する税務署になるのでしょうか?

また、住民税はどこへ払うことになるのでしょうか?

確定申告書の提出先は引っ越した先の税務署です

例えば、平成30年1月10日に東京都渋谷区から群馬県前橋市に引っ越したとします。

1月25日に「渋谷税務署」と印字された平成29年分の所得税確定申告書が前橋市の住所に転送されてきました。

さて、平成29年分の確定申告書は渋谷税務署と前橋税務署のどちらに提出すべきでしょうか?

 

確定申告書の提出先は、原則として申告書提出の際におけるその者の住所地を管轄する税務署になります。

したがってこのケースでは申告書提出の時は前橋市に住所があるため、前橋税務署に提出することになります。

 

引っ越し前の税務署に異動届出書を提出しましょう

引っ越しをして管轄の税務署が変わる場合には、引っ越しの税務署に「納税地の異動に関する届出書」を提出します。

提出期限は「遅滞なく」とあるため、引っ越したらできるだけ早めに提出しましょう。

国税庁ホームページ→所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続

 

税金を口座引き落としにしている人は必ずお手続きを!!

引っ越した場合で一番怖いのは所得税や消費税を口座引き落としにされている方です。

管轄の税務署が変わる場合、口座引き落としによる納税は引っ越し先の税務署に引き継がれません。

平成29年分の確定申告書と一緒に「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書」を引っ越し先の税務署に提出すれば、引き続き口座引き落としで納税することが可能です。

この手続きを忘れてしまうと、3/15までに金融機関で納税をしなければ翌日から延滞税がかかることになりますので注意が必要です!!

国税庁ホームページ→申告所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税(個人事業者)の振替納税手続による納付

 

住民税の納付先は?

住民税は平成30年1月1日に住所のある自治体に納付します

平成30年1月10日に東京都渋谷区から群馬県前橋市に引っ越した場合の住民税(道府県民税と市町村民税)はどうなるでしょうか?

住民税は、1月1日の住所地で1年分課税されます。

平成29年分の所得を基に計算した住民税は「平成30年分」とされます。

したがって、平成29年分の所得を基に計算した平成30年分の住民税は、平成30年1月1日に住所のある東京都渋谷区に納めることになりますので、渋谷区から納付書が届きます。

住民税を自分で納める場合、一括納付か4期に分割して納付することになります。

4期に分けて納付をする場合の納期は6月、8月、10月、1月の末日になるため、平成31年1月納付分の住民税までは渋谷区に納めます。

ややこしいですね・・・

 

【ちなみに】もし平成29年中に亡くなった場合の住民税は?

もし平成29年中に亡くなった方の平成30年分の住民税はどうなるのでしょうか?

この場合、平成30年1月1日時点で住所がないため、平成29年にどんなに収入があっても平成30年分の住民税は課されないことになります。

例えば平成29年中に不動産を売った場合、平成29年1月1日時点で5年以上持っていれば所得税+復興特別所得税20.315%と住民税5%が課されますが、平成29年中に亡くなった場合には住民税5%分は課税されないことになります。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
 
 ★編集後記★

米沢の上杉雪灯篭まつりに行きました。

雪で作った灯篭にほのかなロウソクの明かりがとても幻想的でした。

大雪の日であり、雪深くて街を歩こうにも歩けません。皆さん一生懸命雪かきをされていました。

車がスリップするのも見かけました。雪国での生活は本当に大変です。

この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2018 All Rights Reserved.