営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

青色申告65万円控除を大家さんが受けるには

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

アパート経営をしている大家さんは、いくつかの要件を満たせば所得税の不動産所得の計算において65万円を差し引くことができます。
どんな要件があるかを見ていきます。

大家さんが65万円の特別控除を受けるための要件は?

次のすべてに当てはまる場合には、青色申告特別控除額は10万円ではなく65万円になります。

貸している物件が「事業的規模」であること

65万円控除を受けるためには、貸している物件が「事業的規模」でなければなりません。
事業的規模とは、
①アパートやマンションであれば、貸すことのできる部屋数がおおむね10室以上であること。
②戸建住宅などの独立している家屋であれば、おおむね5棟以上であること。
③土地(駐車場を含む)の貸付については明確な基準はないが、一般的に5件で貸家1室と換算する。

空室があっても、入居募集をかけているなどいつでも貸すことのできる状態にあるものは1室としてカウントすることができます。

共有の場合、例えばアパート10室を2人で1/2ずつ持っているという場合には、持分で按分する前の部屋数でカウントするため、それぞれ10室持っているものとして65万円の控除を受けることができます。

「5棟10室」はあくまでおおよその判断基準になります。
5棟10室に満たなくても、例えば賃料が高額でかつその事業に相当の時間と労力を要しているなどいった場合には、実質的に事業的規模と認められる可能性があります。だから「おおむね」などというあいまいな表現になってしまうのですね。

 

複式簿記による帳簿を付けていること

帳簿のつけ方には「単式簿記(簡易な簿記)」と「複式簿記(正規の簿記)」があります。
例えば、「12月30日に電気代10,000円を支払った」という取引を表します。

【単式簿記】

日付 収支 科目 金額
12月30日 支出 電気代 10,000

【複式簿記】

日付 借方 金額 貸方 金額
12月30日 電気代 10,000 現金 10,000

このように、単式簿記は家計簿のようなイメージで1科目「電気代」だけを記録していく方法です。
一方、複式簿記は「電気代を払って現金が出ていった」という原因と結果を記録していく方法であり、左側を借方、右側を貸方といいます。
65万円控除を受けるためには、複式簿記で取引を記録しなければなりません。
会計ソフトを使えば複式簿記による帳簿付けが簡単になり、次に掲げる「貸借対照表」も打ち出すことができます。

貸借対照表を提出すること

白色申告や青色申告10万円控除では、確定申告書に収入ー経費=利益を計算した「損益計算書」を添付しますが、青色申告65万円控除の適用を受ける場合にはこれにプラスして「貸借対照表」という書類を添付しなければなりません。

貸借対照表とは、1月1日と12月31日における現金●●円、預金●●円、建物●●円、借入金●●円・・・というように、1月1日時点と12月31日時点での資産および負債がいくらかを示す書類になります。

見出しに掲げた書類が貸借対照表になります。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
 
 

★編集後記★
気合を入れて大掃除をしたのであちこち筋肉痛です(毎年のこと)。。。
今年10月から始めたブログ、訪れてくださりありがとうございました!
よいお年をお迎えください。

EOS kiss x7 自宅からの富士山

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.