営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

子どもがいない夫婦は要注意 配偶者がすべて相続できるとは限らない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

子どもがいない夫婦で旦那さんが亡くなったら、奥さんが全部相続できるの?

そうとは限りません。

むしろ、子どものいない家庭のほうが相続が大変かもしれません。

子どものいない家庭のほうが相続争いに巻き込まれやすい?

子どもがいない夫婦で旦那さんが亡くなった場合、何もしなくても旦那さんの財産を奥さんが全部相続できるのかというと必ずしもそうとは限りません。

相続の順位を見ていきましょう

民法では相続する人の順位が決められております。

例えば、亡くなった人(被相続人:男性)に奥さんがいれば、奥さんは必ず相続人になります。

その他の相続人は、下の順番どおりです。

第一順位

子どもがいれば、奥さんと子どもが相続人になります。

法定相続分:奥さん1/2 子ども1/2

第二順位

子どもがいない場合、奥さんと旦那さんの親が相続人になります。

法定相続分:奥さん2/3 親1/3

第三順位

子ども・旦那さんの親がいない場合、奥さんと旦那さんの兄弟姉妹が相続人になります。

法定相続分:奥さん3/4 兄弟姉妹1/4

旦那さんの兄弟姉妹が亡くなっている場合、その子ども(姪や甥)が相続人になります。

子ども・旦那さんの親・旦那さんの兄弟姉妹・旦那さんの姪や甥がいない場合

すべて奥さんが相続します

 

子どもがいなくても、旦那さんの親族が相続人になります

上で見たとおり、子どもがいなくても、「旦那さんの親」「親がいないときは旦那さんの兄弟姉妹」が相続人になります。

そうすると、旦那さんの財産を分ける遺産分割協議のテーブルに、奥さんと旦那さんの親もしくは兄弟姉妹がつくことになります。

奥さんと旦那さんの親もしくは兄弟姉妹との仲が良く、スムースに財産を分けることができればいいのですが、他人に等しい旦那さんの親族との話し合いはなかなかうまくいかない場合が多いです・・・

 

旦那さんの親が相続人の場合、親のバックに親の子ども(旦那さんの兄弟姉妹)がいて事をややこしくする、ということもあります。

旦那さんの財産を親が相続すれば、親が亡くなった時に自分が相続できますからね。

旦那さんの兄弟姉妹が相続人の場合、たとえ奥さんと兄弟姉妹の間で遺産分割の合意があったとしても、兄弟姉妹のパートナーや子どもが後ろでワーワー言うこともあります。

自宅以外分けるものがない場合、自宅を売ってお金を作らなければならないかもしれません。

 

このように、子ども以外の相続人が相続に絡む方がややこしいことが多いのです。

 

子どものいない夫婦こそ遺言を準備しましょう

残されたパートナーのことを考え、お互い100%相手方に財産を残す旨の遺言を作成することをお勧めいたします。

パートナーに100%相続させる遺言があれば、ひとまずパートナーが相手方の財産を100%相続することができます。

 

ここで出てくるのが遺留分の問題です。

遺留分とは、残された相続人が不自由なく暮らしていくため最低限相続できる財産のことをいいます。

遺留分は必ずしも相続できる、というものではなく、「遺留分減殺請求」といって、多く財産を相続した人に対して「遺留分までの財産を渡すように」という請求をする必要があります。

 

遺留分がどのくらい認められるかというと・・・

相続人が奥さんと旦那さんの親の場合

旦那さんの親の遺留分は法定相続分の1/2

∴旦那さんの親(両親)から遺留分減殺請求をされれば、奥さんは財産の1/3×1/2=1/6を両親に渡す必要があります。

相続人が奥さんと旦那さんの兄弟姉妹の場合

旦那さんの兄弟姉妹の遺留分はなし

∴旦那さんの兄弟姉妹は遺留分減殺請求ができないため、全財産は奥さんのものになります。

 

まとめ

子どものいない夫婦が遺言を残さずに亡くなった場合、パートナーの親族が相続人に加わるため相続争いが起こる可能性があります。

子どものいない夫婦だからこそ、大切なパートナーが困ることのないよう、ぜひ遺言を作成しましょう。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2018 All Rights Reserved.