営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

確定申告電話相談会で感じたこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

東京税理士会の確定申告電話相談会に従事しております。

納税は国民の三大義務の一つであり、本来であれば誰にでもわかる仕組みであるべきにもかかわらず、納税者からの電話相談を受けていると国が出している書類って確かにわかりづらいよね~と思う事態が多いことに驚かされます。

確定申告の手引きを見ると、国は弱い人のほうに全然向いていないことを強く感じます。

確定申告の手引きがわかりにくくなった

確定申告の申告書には「確定申告の手引き」という確定申告のやり方を記載した税務署発行のパンフレットがついています。

確定申告電話相談会にお電話いただくのは、医療費控除の申告をして年金から引かれた税金を少しでも還付してもらいたい、というお年寄りの方が非常に多いです。

手引きとにらめっこしながら一生懸命確定申告書を書いている姿が容易に想像できますが、今年の手引きはこういう方々に対して冷たいな~と思わざるをえない内容です。

 

医療費控除の計算式の記載がなくなった

医療費控除を受けることができるのは、「1年間に支払った医療費が10万円または所得金額の5%のいずれか少ない金額を超えた場合」です。

これは去年も今年も同じです。

しかし、平成29年分の手引きからは医療費控除の計算式の記載がなぜか消えてしまいました。

 

去年まであった記載が今年なくなったら、「えっ、じゃあ支払った医療費全額控除になるの?」ってなりますよね。

国は「1年間に支払った医療費が10万円または所得金額の5%のいずれか少ない金額を超えた場合」というのは国民全員が当然に承知しているものであると考えているのでしょうか?

 

医療費控除の明細書の記載が小さい


税務署発行 確定申告の手引き 医療費控除より

平成29年分の確定申告から、医療費の領収書の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要になりました。

赤い枠が確定申告書の手引きにあるそのお知らせですが、記事がとても小さく細かいです。

これ、お年寄りではまず見えません。

去年までと何かが変わったみたいだけどそれが見えないって困りますよね。

 

いたるところに「HP参照」とあるけど・・・

確かに国税庁のホームページに行けば、医療費控除の計算式も明細書も見ることができます。

しかし、パソコンやスマホは誰でも使えるわけではありません。お年寄りはまだまだ使えない方のほうが多いのではないでしょうか。

まるでインターネットを見られない人については国はもう相手にしないよ、と言われている感じがします。

 

今年から確定申告書が送られずにハガキで案内のみ、という場合もあり

平成28年分の確定申告書を税務署以外の無料相談会(税理士会や市区町村主催など)で提出した方については、平成29年分の確定申告書からは申告書の郵送はなく、「確定申告のお知らせ」というハガキでの案内のみとなっています。

このハガキにも

「国税庁ホームページから様式をダウンロードするなどの対応をお願いします。」

「申告書、決算書等は国税庁ホームページで作成できます!」

とホームページの利用を促しておりますが、恐らくこのハガキを受け取った人の大半がインターネットを使えないのではないでしょうか?

だとすれば、用紙をもらいに税務署に行くか、電話して送ってもらうか。

でも電話はこの時期混んでいるので10分ほど待たされます。

確定申告書が送られきても、医療費控除の明細書が同封されていない場合もあります。

 

国は、電子政府の樹立・ペーパーレス・コスト削減のため、ということなんでしょうけど何だかやるせないものを感じますね。

国会議員のおじいちゃんであれば税理士や秘書がやってくれるでしょうけど。

せめても確定申告の手引きくらいは誰が見ても見やすくわかりやすいものにしてほしいものです。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2018 All Rights Reserved.