営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

ひとり税理士という働き方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

「ひとり税理士」

この言葉に出会い、独立開業しようと思い立ちました。

「ひとり税理士」との出会い

去年の秋、Amazonで税務の本を探していたところ、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のところにたまたま出てきたのが井ノ上陽一さんという税理士さんが書いた「ひとり税理士の仕事術」という本でした。

ひとり税理士

この言葉にどことなく惹かれ、購入いたしました。

ひとり税理士とは、「雇わない、雇われない」という働き方スタイルです。

それまで独立はあまり考えていなかったのですが、あまりに魅力的な内容に一気に読み上げ、読み終わったときには独立したい!!と思ってしまいました。

(この本を読んだ人は独立したくなってしまうため、会計事務所にとっての悪魔の書と呼ばれているらしいです。。。)

 

ひとり税理士の魅力

① 自由に時間を使うことができる

何といっても魅力はこれでしょう。

従業員を雇うと、いくらボスの立場とは言え人目を気にし、平日は毎日9:00~18:00に事務所に出勤して…という勤務時代と同じスタイルで仕事をすることになるでしょう。

他にも従業員との暗黙のルールが生まれ、窮屈な思いをすることと思います。

しかし、「雇わない、雇われない」とすれば、事務所内で気を使う必要はありません。

仕事に支障が出ない範囲内で平日に旅行に行ったり、知識を仕入れるためのセミナーに行ったりすることができます。

 

② お客様のため

会計事務所は、オフィスを拡大し、人を増やす拡大路線をとることが多いです。

担当者を雇って実務をさせ、税理士自身は経営者となりお客様のところへあまり訪問しなくなる、というケースが多いです。

最初会ったのは税理士だったがいざ契約すると資格を持たない者が担当者となった、会計事務所の都合で担当者がコロコロ変わる…その結果お客様への十分なサービスができずクレームとなることが多いです。

しかしひとり税理士であれば担当者は税理士自身であり、担当者が誰であるかという点でお客様の認識と相違しません。

自分で営業してお客様を獲得し、自分で担当することで、お客様に真摯に対応することができます。

 

③ 嫌な仕事を引き受けない

勤務時代は上からふられた仕事は、やりたくないものや自分が手一杯であっても引き受けざるを得ません。

脱税や粉飾の相談をされる、ワンマンぶりが目立つなど、一緒に仕事をしたくない経営者も中にはいらっしゃいます。

独立したらやりたくない仕事を引き受けないことができますし、自分の仕事の状況をコントロールすることができます。

しかし、人を雇うと人件費確保のため引き受けたくない仕事でも引き受けざるを得ないこともあるでしょう。

先日、独立して5年以上たつ女性の税理士さんとお会いしました。

その方は今まであまり入力作業は引き受けておりませんでしたが、既存のお客様からの紹介で作業を引き受けざるを得ず、パートさんを同時に2名雇ったそうです。

人件費を稼ぐためもっと仕事取らなくちゃ、とおっしゃっておりましたが、いくらお金を稼ぐことができてもこの状況は理想とはしないな、と感じます。

 

ひとり税理士のデメリット

① 体調が悪くても代わりはいない

税理士の仕事は期限のあるものが多いです。ひとり税理士の場合、体調が悪くなっても代わりがいないというのがデメリットです。

 

② なんでもひとりでやらなければならない

会計ソフトへの入力、郵便の受け取り、お茶出し、パソコンのメンテナンス、ごみ捨て、納付書作成、元帳作成・・・これらすべての作業を自分一人で行わなければなりません。

 

③ ひとりでやるため仕事内容に限りがある

ひとりで作業から申告書の作成、チェックを行う必要があります。

したがって、会計ソフトへの入力などの単純作業を多く受注しすぎると仕事が回らなくなります。

また、勤務しているときは何人かでプロジェクトを組んで大きな案件に取り組むことができ、それはそれでおもしろいですが、ひとり税理士の場合は案件の規模の限られてきます。

 

まとめ

拡大路線をとる複数の会計事務所で勤めてきました。

拡大することで雇用が増え、それはそれでいいことだと思います。

しかし、会計事務所の就業環境はどうでしょう?未だ長時間労働、残業代の未払い、無駄な会議の時間、パワハラなどがはびこっていることでしょう。

そのような環境から脱したいと思っている税理士の方、ぜひ「ひとり税理士」を目指してみてはいかがでしょうか。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2017 All Rights Reserved.