営業時間:9時~18時【土日祝休み】

相続税・贈与税・所得税など個人の税金を得意とする

2回目の登山で陣馬山から高尾山まで縦走してみた

 
景信山の写真
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

ヘタレ登山初心者が陣馬山から高尾山まで縦走してみました。

初めての登山はモンベルのツアーで埼玉の宝登山に行きましたが、今回は一人です。

初めての登山の記事はこちら↓

感想は、「しょっぱなから自分のヘタレさに凹んだ」です。

このコースを選んだ理由です。

  • うちから近い。
  • どのくらい歩けそうか試してみたい。
  • 人が多いので迷う心配が少ない。
  • エスケープルートがいくつかあるため、途中リタイヤがしやすい。

ちなみに縦走とは次の通りです。

【縦走とは】

縦走とは、登山方法の1つです。

山頂まで行き、下山をせずに次の山へ向かうことを意味します。

ルートによっては山頂を目指さずに稜線(山の峰と峰を結んで1番高く連なる所)を歩くことも縦走と呼びます。

一般の登山:山頂を目指し、登頂したら下山

縦走:山頂まで行き、下山せず稜線を歩く

出典:YAMA HACK
 
 
登山初心者の方に、もし参考になれば幸いです。
 
 
 

今回のルートとコースタイム

今回のコースです。

地図

コースタイムは次の通りです。

  • 高尾駅:7:21
  • 陣馬高原下バス停:8:05
  • 陣馬山:10:20
  • 明王峠:11:19
  • 景信山:12:45
  • 小仏峠:14:12
  • 小仏城山:迂回
  • 高尾山:16:00

陣馬高原下バス停~高尾山ケーブルカー乗り場まで約15キロくらい歩きました。

 

高尾駅から陣馬山

陣馬山から高尾山に向かうコースに決めたのは、陣馬山~高尾駅はバスで行かなければならず、そのバスが1時間に1本しかないためです。

陣馬山から帰宅となると、下山した時間によっては1時間バスを待たなければなりません。

陣馬山へ行くバスは、JRの「高尾」駅です。

京王線の「高尾山口」駅に行ってしまうと、バス停まで2.2キロ歩かなければなりません。

高尾駅の写真

 

週末は混んでいるため、急行バスの臨時便が出ていました。

 

陣馬高原下バス停からしばらくアスファルト舗装された道を登ります。

陣馬街道の写真

アスファルトの道の写真

途中、ハイキングコースへ向かう入り口があるので、左へ曲がります。

陣馬ハイキングの写真

いよいよ登山です。

 

しばらく細い山道が続きます。

陣馬山山道の写真

木の根っこだらけの急登に出くわします。

陣馬山急登の写真

ここ、ほんっとにキッツいです!!

体力なしの私は、何度も立ち止まってしまいます。

ゼエゼエしながら休んでいると、お年寄りに抜かされます。

親子連れも多かったですが、子どもの体力は尋常じゃない。

お父さんが息子に向かって「あと体力どのくらい残ってる?」と聞くと、息子は「アキラ100%オオオ~」と言って走り出すんだから、もうびっくりです。

この日ここを登っていた人の中で、私が一番ヘタレだったのではないでしょうか・・・

 

ようやく急登が終わって尾根づたいを歩きます。

陣馬山尾根の写真

 

陣馬山到着です。

陣馬山の写真

何も遮るものがなく、360度素晴らしい景色です。

山並みの写真

富士山が見えます。

富士山の写真

山頂には、茶屋が3件とトイレがあります。

ただし、特に女性はこのトイレ使うのに覚悟がいります。

汚いは臭うは虫は飛ぶわ・・・

見てすぐにパスしました。

高尾山だからきれいだろうと舐めていましたが、奥に行くと立派な「山」。

不便で当たり前なんですね。

 

馬なんだろうけどビミョーなモニュメント。

モニュメントの写真

しばらく休んで体力も回復してきたので、出発します。

 

陣馬山~明王峠

陣馬山からはしばらく下ります。

途中見つけた杭。

相続税の土地の実地調査では、この杭から杭の距離を図ります。

仕事がら気になります^^;

青い杭って初めて見た。

青い杭の写真

登りもありますが、さっきの陣馬山に比べれば大したことない。
 
登り写真
 
 
 
明王峠に到着。
 
茶屋とトイレ(怖くて入れなかった)があります。
 
明王峠の写真
 
明王峠茶屋の写真
 
 
 

明王峠~景信山

陣馬山を降りたころからトレイルランの人がいっぱいいます。

歩くだけでも息が切れるのに、何で走れるんだろう?

子どもも走る。

若いお姉さん2人組は世間話しながら走る。

 

ずっと日かげでしたが、突如日なたにでました。

日なたの写真
 
暑い。
 
ジリジリします。
 
 
 
分かれ道に出ました。
 
景信山に行くので、オレンジの道を行きます。
 
分かれ道では看板や道しるべがわかりやすく設置されています。
 
看板の写真
 
 
 
根っこの張っている細い道を歩きます。
 
根っこの道の写真
 
 
 
また分かれ道です。
 
まき道の写真
 
「まき道」とは、山頂を通る険しい道を回避するための迂回路です。
 
まき道に何度も助けられました。
 
 
 
やっと景信山に到着です。
 
景信山の写真
 
都心方面がよく見えます。
 
きっと夜景がみごとでしょう。
 
景信山からの都心の写真
 
 
 
お昼はキノコラーメン500円です。
 
あっ、麺は乾麺なんだ。
 
結構おいしかったです。
 
ラーメンの写真
 
 
 
トイレは雨水を貯めた水洗式で、決してきれいとは言えないが、臭いはそこまでひどくはありません。
 
40分休んでもいまいち疲れが取れませんが、ゆっくりしていると日が暮れてしまうので出発です。
 
 
 

景信山~小仏峠

下りが膝にくるようになってきます。

下り方を研究しないと。

普通、山道ですれ違うとお互い「こんにちは」と挨拶しますが、昼過ぎごろから私もすれ違う人も会釈程度が多くなりました。

お互い声を出せないほど疲れています・・・

 

小仏峠に着きました。

もうちょっと行くと、中央道の渋滞スポット小仏トンネルの上を通ります。

小仏峠の写真

小仏峠からの都心の写真

この先登ると小仏城山に行きますが、残りの体力を考えてまき道を通って頂上を迂回します。

 

高尾山へ

高尾山エリアに入ると、途端に道が整備されています。

高尾エリアの写真

階段にされるとかえって歩きにくい。

写真にはありませんが、白いチョウが何匹も飛んでいました。

ジブリの世界のようです。

チョウはあまり好きではないのですが、つい見入ってしまいました。

 

ようやく高尾山です。

歩いて下山はもうムリなので、ケーブルカーを探します。

が、ケーブルカーまでの道のりが長いこと長いこと。

ケーブルカーまで歩くのが、本日最高に疲れました。

 

高尾山薬王院

高尾不動王の写真

ケーブルカー

ケーブルカーの写真

 

感想のまとめ

途中で下山することも考えましたが、何とか高尾山まで歩ききることができました。

体力的にはかなりキツかったですが、天気に恵まれ、風が吹くと気持ちよく、楽しかったです。

 

女性のソロハイカーがとても多かったです。

60代以上の方もたくさんいらっしゃいました。

いくつになっても健康で山を歩きたいですね。

サービスメニュー
 icon-chevron-circle-right  相続税・贈与税の申告
 icon-chevron-circle-right  相続税の試算・相続税対策
 icon-chevron-circle-right  個人事業主の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  法人の税金の申告
 icon-chevron-circle-right  単発のコンサルティング
 

 

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
本間会津子
福島県会津生まれ、東京都練馬区育ちの税理士 本間会津子です。 同じことを何度聞いていただいても大丈夫、笑顔でお答えします。          ★お願い★ 当ブログはわかりやすくお伝えすることを目指しております。実際は細かい要件等がございます。最終判断は専門家にご相談ください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 麹町の本間会津子税理士事務所 , 2018 All Rights Reserved.